MENU

室内でM女女の子が拘束するクマニコテックのエロマンガ

この記事は室内でM女女の子が拘束するクマニコテックのエロマンガについてご紹介します。

この作品はメイド×拘束ものになっています。

"
タイトル室内でM女女の子が拘束するクマニコテックのエロマンガ
品番RJ231008
タグ女の子,異常,残飯,胃袋,妊婦,真っ青,サンプル,画像,一目瞭然,作品,説明,性交,シーン,描写,パンチラ,興奮,フェチ,余裕,大股,両手,中身,メイド,あまり,不快,食事,感覚,麻痺,後半,食器,素手,一言,次回,今年,発売,心待ち,表紙,涼しげ,表情,主人公,指導,健気,仕事,温和,親切,主人,恩返し,自分,役目,必死,肥満,連想,急激,体型,大変,少女,結晶,女性,魅力,おすすめ,細分,派閥,妊娠,丸呑み,外見,ウエスト,内容,別物,タイトル,過食,食い意地,嬉々,大食,一種,嗜虐,風味,手足,拘束,ポイント,忠義,職務,文句,全力,好感,常人,食料,柔軟,天性,才能,おかげ,平気,イコール,猛烈,嘔吐,刺激,過不足,表現,パンパン,贅肉,気体,質感,フォルム,つまり,忠誠,欲求,発芽,反面,破裂,衝動,否定,ヒロイン,人体,膨腹,フィクション,拡張,任務,遂行,場面,パツパツ,時折,ところ,性行為,直結,女体,そのもの,屋敷,仲間,たくさん,得意,大量,処理,彼女,コミティア,発行,同人,ページ,フェチ,メイド,黒髪,,ヒロイン,メイド,女の子,ロリ,妊婦,彼女,クマニコテック,丸呑み,拘束,性行為
メーカークマニコテック
発売日2018年08月08日
販売数826
お気に入り数777
レビュー数4
レビュー平均点4.63
屋敷で働くとあるメイドは全く仕事を覚えることができず 仲間やメイド長からもいじめられていたが、 たくさん食べることだけは得意だった。 屋敷で出る大量の残飯を処理する仕事をする彼女だが、 そのあまりの量の残飯はお腹を破裂させかねないほどのものだった。 ────────────── 2017年コミティア122(秋)に発行した同人誌です。 性交シーンはありません。食べてお腹が膨らむだけです。 全32ページ室内でM女女の子が拘束するクマニコテックのエロマンガ

【クマニコテック】裸ロリが拘束でアへ顔する作品

"""""""

作品のクマニコテック、室内でM女女の子が拘束するクマニコテックのエロマンガの紹介です。

この作品は室内で主人公と裸ロリが拘束します。

パンチラものが好きな人におすすめしたい。

ぼて腹なメイドの拘束、裸妊婦の拘束がエロいです。

そして黒髪のメイドがたまらん。

室内で妊婦が主人公と拘束するのですが黒髪ロリが拘束中に無表情の顔しながらイクのが良かったです。

また、妊婦の巨乳もエロいですね。

クマニコテックの作品を毎回買うほどにファンでしたが今回も裸妊婦の拘束が刺さった作品でした。

ちんちんのデカイ主人公が裸メイドとの拘束にハマる内容でクマニコテックの作品が好きな人や裸妊婦との拘束もの作品を探している人はいかがでしょうか。

こんな人におすすめ

室内でメイドと拘束する作品が好きな人

ただ可愛い女の子が異常なほど残飯を胃袋に詰め込み、 妊婦も真っ青になるくらいにお腹を膨らませる。 どれほどのものかはサンプル画像をご覧いただければ一目瞭然であろう。 作品説明にもあるが、当然性交シーンはない。 (そんな描写はあってもパンチラくらいである) それなのに。 なのになぜこんなに興奮を誘うのか。 妊婦フェチというわけでもないのだが、エロさを感じずにはいられない。 お腹に少しでも余裕を持たせるためか、はしたなく大股を開き、 鍋を両手でつかみながらその中身を胃袋に流し込むメイド。 あまりの不快感に戻しそうになっているのに無理やり抑えこみ、 なおも食事を口に運び続けるメイド。 感覚が麻痺しきっているのか、作品後半では食器さえ使わず、 はしたなく素手であらゆる食事を掻き込むメイド。 もうどのコマを拾ってもエロいの一言なのである。 おかしいな、R18作品ではないのに。 次回作のサンプルも同梱されており、 今年の夏コミで発売されるのだろうか? DLsiteでの発売も心待ちにする限りである。

「お腹が大きく膨らんだ女の子」にフェチを感じる層がどれくらい居るのか知りませんが、その中身によって細分化される派閥争いがあるのは確かです。 パッと思いつくだけでも「妊娠」「ガス」「肥満」「丸呑み」などが挙げられ、外見上のウエストは同じだったとしても、内容物が違えば全く別物です。 タイトルやサンプルが示す通り、本作のそれは「過食」です。 しかも、食い意地の張った少女が嬉々として大食いするのではなく、強いられて食べる、一種の嗜虐の風味を含んでいます。 ただ、手足を拘束されて無理矢理流し込まれるのでなく、あくまで自分で食べるのがポイントです。 本作の食べメイドは忠義深く、課せられた職務なのであれば文句を言わず全力を尽くす健気さがあり好感が持てます。 加えて、常人なら戻してしまうほどの食料を詰め込んでも、とりあえずは食べられる柔軟な胃袋が天性の才能で、おかげで過食に耐えられます。 しかし、それと平気で大食いできるのはイコールではなく、かなり苦しそうで猛烈な嘔吐感と戦う表情がこれまたフェチを刺激します。 また、体型的にも食料で膨らんだ腹が過不足なく表現されていて、パンパンに張りつめながらも贅肉や気体とは異なる質感がフォルムに表れています。 つまりは忠誠心が可愛く思えて、救ってあげたい欲求が発芽する反面、破裂しそうなお腹をギュッと押してみたい衝動も否定できない、妙にいじめたくなる魅力を持ったヒロインなのです。

こんな人におすすめ

室内でロリと拘束する作品が好きな人

トップ